幹細胞プロジェクト みらいバンク

みらいバンクとはAbout Mirai Bank

みらいバンクは、一般患者の皆さまからご提供いただいた細胞や医療情報を適切に管理・保管し、新たな医療技術・医療製品の開発に活用する仕組みのことです。さらに、その成果を社会へと還元していくことを目的としています。

日本の再生医療の問題点の一つとして、製薬企業等が安定的に細胞を入手することが困難で製品化までに時間がかかることが挙げられます。みらいバンクでは、国内の先駆けとして安定的に細胞を供給できる新たなモデルを構築し、この問題点の解決を目指します。

また、本事業で構築したノウハウや体制は公開する予定です。本事業がロールモデルとなり全国に活動が広がることで、多くの企業や研究機関でより迅速に再生医療等製品の開発や商品化が進み、多くの患者様のもとにその成果を届けられることを願っております。

事業概要

正式名称 琉球大学を起点としたヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給システムの構築
概要説明 本事業は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(通称:AMED)のモデル事業A“医療機関が企業へ細胞原料を供給する体制を構築する事業”の採択を受け、2018年度よりスタートしました。本事業を通して、持続可能なヒト原料細胞の安定した供給体制の構築を目指します。
医療機関が企業へ細胞原料を供給する体制を構築する事業
実施内容
  • 医療機関内の協力体制構築
  • 商用利用可能なインフォームドコンセントの整備
  • 倫理審査体制
  • 長期の情報管理
  • 標準作業手順書による工程管理
  • 自立運営体制モデル構築
  • 企業への原料供給実証
  • など

ロードマップ

ロードマップ
ロードマップ
ロードマップ

運営組織

琉球大学

琉球大学組織図
代表者
琉球大学大学院医学研究科
形成外科学講座 教授 清水雄介
関係部門・機関
琉球大学医学部附属病院 形成外科→脂肪・皮膚の採取を担当します
琉球大学医学部附属病院 整形外科→軟骨・骨髄の採取を担当します
琉球大学医学部附属病院 歯科口腔外科→歯髄・骨髄の採取を担当します
琉球大学医学部附属病院 産婦人科→臍帯・臍帯血の採取を担当します
琉球大学医学部附属病院 臨床研究教育管理センター→本事業のシステム構築・管理を担当します
琉球大学医学部附属病院 診療情報管理センター→診療情報の管理を行います
琉球大学先端医学研究センター→細胞原料管理システムの構築と管理、体性幹細胞の処理・発送などを行います
琉球大学研究推進機構→企業窓口を担当します